So-net無料ブログ作成

日本・デュッセルドルフ連帯コンサート 動画追加 [diary]



↓ 友人が教えてくれたWDRのリンクです。ここでもリハーサルの模様が少し見られます。
http://www.wdr.de/mediathek/html/regional/2011/03/26/lokalzeit-duesseldorf-symphoniker.xml

----------------------------------------------------------------------


3月26日、佐渡裕指揮による第九コンサート。

ものすごい場に居合わせた・・、という言葉しかありません。


会場はもちろん満席。
18日、整理券を配り始めて30分でトンハーレ側では完売(無料)。翌日に日本クラブで配られた300枚も、1時間以上並んでやっと取れたという話を聞きました。テレビカメラも多数、聴衆のほぼ半分は日本人でした。

演奏前に、デュッセルドルフ市長と、デュッセルドルフ日本国総領事のお二人がご挨拶をされて、佐渡さんが登場。

ほんとに、素晴らしい第九でした。
数少ないリハーサルでの本番、そしてデュッセルドルフとケルンの合同オケという、いつもとは違う環境、そういった意味では、もちろんもっといい演奏がのぞめた、とも言えるかもしれませんが、私は佐渡さんを始め、オケのメンバー、歌手の方、合唱の方々を見て、私は音楽家としての生き様を見た気がしました。

もう、三楽章が始まってメロディーが流れた途端、涙が止まらず。
客席ではもちろん、後ろでスタンバイしていた合唱団の方々もこぼれた涙をふきながら待たれていた方もいらっしゃいました。

4楽章では、もう凄まじいパワーが会場中に溢れ、あの「alle Menschen werden Brüder」の歌で、今この場と日本はつながっていると確信しました。ああ、本当にものすごいコンサートでした。

演奏後、大喝采とブラボーの勢いだったのですが、そのまま全員で黙祷。
その後は、佐渡さんが引き上げて、オケが引き上げる時まで、皆総立ちで拍手がやみませんでした。


この場に居合わせることができたことへの感謝、
そして改めて音楽の底知れぬパワーを感じ、
音楽家である自分も、心から励まされ、勇気をもらいました。


やっぱり、音楽ってすごいよ。



〈今日のプログラムには、デュッセルドルフ交響楽団と、佐渡裕氏の言葉が、ドイツ語と日本語で綴られていました。ここに引用します。怒られちゃうかしら。怒られたら消去するかもしれません・・。)

日本で地面が揺れた時、デュッセルドルフ交響楽団は大編成で、グスタフ・マーラーの「嘆きの歌」を市立合唱団とともに演奏していました。そして、すぐオーケストラの中で連帯コンサートをしたいというアイディアが生まれました。
 デュッセルドルフほど日本と密接につながっているドイツの街はありません。デュッセルドルフ住民には日本人の友人、仕事取引先、同僚がいたり、あるいは家族すら形成していますが、デュッセルドルフ交響楽団の中にも、もちろん日本人音楽家がいます。これら全ての方々に私たちはトンハーレのコンサートで出会いの場を提供したいと思います。この数えきれない被災者の方々に私たちの言葉、つまり音楽で慰めと連帯の挨拶を送りたく存じますが、このためにベートーヴェンの交響曲第9番ほど適切な作品はありません。「あらゆる人間はみな兄弟(alle menschen werden Brüder)」です。
 今夜の演奏者は全員が即座に無報酬でこのコンサートを実現することにしました。演奏者の皆様に心より感謝いたします。さらに、WDRケルン放送交響楽団の皆様には特別に感謝いたします。ケルン放送交響楽団とWDRラジオ合唱団の御参加がありませんでしたら、私たちのアイディアは実現できなかったことでしょう。何故ならデュッセルドルフ交響楽団には、今夜同時にオペラハウスでの演奏義務もあるからです。また、トンハーレ・チームの支援に感謝します。
 このコンサートが事実私たちの日本人の友人たちの出会いの場になりますよう、念願いたします。

デュッセルドルフ交響楽団


3月11日の午後2時46分、日本は未曾有の大地震に襲われました。多くの命が失われ、多くの方々が未だに想像を絶する困難の中にいます。その地震発生からわずか数日後に、私はこのチャリティーコンサートへの出演要請をいただきました。日本から遠く離れたここドイツでも、被災された方々のために何かできることはないものかと、デュッセルドルフ交響楽団、WDRケルン放送交響楽団という、ドイツを代表する二つの素晴らしいオーケストラが、このコンサートを提案して下さったのです。
 本日は、ベートーヴェンの交響曲第九番を演奏します。この交響曲では、「alle Menschen werden Brüder 全ての人が兄弟になる」と謳われます。そしてそれは「Deine Zauber あなたの不思議な力」によって、と始まります。地震からおよそ二週間が経った今尚、一人でも多くの方の命を救い、被災された方々の困難な日々に手を差し伸べようと、救援隊や医師など、多くの方々が懸命の努力を続けられています。
 そして今こうして、150年もの長きにわたり、ドイツと日本が大事にしてきた友情によって、このデュッセルドルフからも、救いの手が差し伸べられました。
 私はこの交響曲を演奏することで、日本の被災地を取り巻く困難を少しでも多くの方と分かち合い、ここデュッセルドルフから多くの勇気や希望、力がその困難の元へ届くことを心から願います。そしてどうか、この演奏会を開催するにあたって生まれた「Deine Zauber」が、今後益々世界中に広がり、「alle Menschen werden Brüder」へつながっていくことを願ってやみません。
 被災地の一日も早い復興をお祈りすると同時に、このチャリティー演奏会に御賛同下さった皆様に、心から感謝いたします。

指揮者 佐渡裕

コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

デュッセルドルフ市が佐渡裕氏を招いて第九コンサート!!!! [diary]

Tonhalle

最近このブログによく登場する、デュッセルドルフのトンハーレですが、3月26日(土)、日本のスーパースター指揮者、佐渡裕氏を日本から招いて第九を演奏するそうです。
今週の初めにはもう話が団員にはきていたそうなので、地震後すぐの対応だったのでしょう。

オケは、トンハーレのオケ、デュッセルドルフ交響楽団と、お隣ケルンのWDR交響楽団の合同オケ。
入場料は無料。でもチケットは必要になります。
今日18日からトンハーレで配られるようです。日本クラブでも取り扱いがあるようです。




(と書きましたが、チケットはもう既に手元にないそうです、トンハーレ。
日本クラブならいけるのかなぁ??そこはちょっとまだわかりません。)



佐渡さんは、5月にもデュッセルドルフ交響楽団の定期演奏会で来日されますが、今回はこのコンサートのために日本よりいらっしゃるそう。

素晴らしいです、デュッセルドルフ市!!!
ますます、好きになりました。


Solidaritätskonzert JAPAN
2011年3月26日(土)20:00-
Tonhalle Duesseldorf

Ludwig van Beethoven Symphonie Nr. 9 d-moll op. 125

Yutaka Sado, Dirigent
Düsseldorfer Symphoniker
WDR Sinfonieorchester Köln
WDR Rundfunkchor

詳細はこちら(ドイツ語)→ http://www.tonhalle.de/programm/Japan

コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

からたちの花 [diary]

主催者からいただいたトンハーレの形をしたお菓子と、とろの足昨日ヴィオラとのコンサート終わりました。
お天気も素晴らしく、たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

地震以降、やはり日本のことが気がかりで、中々集中できなかったのですが、演奏できてよかった。

昨日はお昼の公演でしたので、朝は相変わらずバタバタと。コンサート後も来てくれた友人と食事をし楽しい時間を過ごして、夕方には家に帰れたのですが、突っ張っていたものがふっと切れて、その後長い間ベッドから起きられず。眠たくても、脳はビンビンと覚めて、でも体に力が入らず立てない・・。
病み上がりで、地震のこともあって、コンサートもあったりと、少し疲れていたようです。
遠くにいる私でさえこんな状態なのだから、日本にいる皆さんの不安を考えると、本当に言葉がありません。


地震以降あまり日もありませんでしたし、このコンサートは私たちの主催でもなかったので、募金箱の設置とか、そういう現実的な要望は残念ながら実現できませんでしたが、その中でもできることを、と思い、考えていたアンコールを変更し、北原白秋作詞・山田耕筰作曲の『からたちの花』を、急遽ヴィオラとピアノ用にアレンジして演奏しました。

演奏の前に、ヴィオラのユリが少し話をし、何だか私もこみ上げて涙しながら演奏しました。
ヴィオラの「からたちの花」は、歌とはまた違う世界のもので、深みのある木のあたたかみがそのまま感じられ、人の心に穏やかにささやく、それはそれは本当に素敵な瞬間でした。

コンサート後、涙を流しながら私たちの元にいらして下さった方がたくさんいらっしゃいました。

日本のためになにかできることがあれば、ぜひ言ってほしい。もういてもたってもいられない。
この「からたちの花」は、ドイツでCDは手に入れることはできるのか。
私も来週アメリカのコンサートで演奏したいのだが、楽譜をもらえるか。
など。
本当に本当に嬉しかったです。

この話を聞いた何人かの音楽家の友人が各地のコンサートで弾いてくれるそうで、楽譜を送る手配をしています。
灯篭流しのように、日本のこの素晴らしい歌が世界中に広まり、日本を支える何かに発展してくれることを心から祈ります。


私がなんちゃってドイツ語訳した北原白秋の詞を必死で理解しようとして、想いを共感してくれたユリに大感謝です。コンサートまで数日しかなかったのに、彼は何度も『からたちの花』の歌を聴き、日本語の独特の発音、リズム、フレーズなどを自分なりに見つけてくれました。人間的にも音楽家としても本当に尊敬できる人です。

私自身、実はこの「からたちの花」をよく知らなかったのですが、ふとしたときに聴いて、ものすごく綺麗で日本的で、ぜひドイツでいつか演奏したいなと思っていたのです。でもこういうことで弾くことになったとは・・。

森麻季さんの「からたちの花」がYoutubeで見られます。



コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

MIMIKO 6 コンサート デュッセルドルフ [diary]

地震以来、一日一日がなんと長いことか・・。
ニュースで見る映像と信じられない現実を受け入れるので精一杯で、
中々ものごとに集中できない毎日です。
被災地の皆様がどんな思いでいらっしゃるのか。。それを考えると本当に胸が痛みます。
まだ大きな余震も続いているようですが、これ以上被害が進まず、一人でも多くの方がご無事でいらっしゃること、心から願っています。

Tonhalle3.jpg

こんなときに、このようなお知らせはどうかと迷ったのですが、これはもしかしたら今私が日本のためにできることの一つではないかと、そうふと感じられたので、お知らせすることにします。

3月16日(水)デュッセルドルフのトンハーレ(写真)でヴィオラとデュオコンサートをおこないます。
ヴィオラは、デュッセルドルフ交響楽団副主席ヴィオラ奏者、ユリ・ボンダレフ氏。ピアノ四重奏も現在一緒に弾いていますが、ロシア・サンクトペテルブルク出身の素晴らしいヴィオラ奏者です。彼とはこの春から秋にかけて、ドイツ、ベルギー、日本と、コンサートの予定が入っています。
ヴィオラとの共演は実は初めてですが、ヴァイオリンやチェロのような華やかな感じではなく、たっぷりとした中低音の渋い穏やかな音色が大変心地よいです。

プログラムは、ロシアの作曲家、グリンカとプロコフィエフに、ドイツの作曲家シューマン。
曲目の紹介は、教室ブログに少し記載しています。


MIMIKO 6
2011年3月16日(水)13:00-
Tonhalle/Kammermusiksaal-Hentrich-Saal

ユリ・ボンダレフ - Yuri Bondarev, ヴィオラ Viola
富田 珠里 - Shuri Tomita, ピアノ Klavier


・グリンカ: ヴィオラソナタ   Glinka, Sonate d-Moll
・シューマン: おとぎの絵本 作品 113 Schumann, Maerchenbilder op. 113
・プロコフィエフ(ボリソフスキ編曲): バレエ音楽 ロミオとジュリエットより 作品64 
 Prokofjew, Auszuge aus dem Ballett "Romeo und Julia" op. 64 (Bearbeitung: V. Borisovski)
 ・序奏  Introduction
 ・街の目覚め  The Street awakens
 ・少女ジュリエット  Juliet as a Young Girl
 ・騎士たちの踊り  Dance of the Knight
 ・バルコニーの情景  Balcony Scene
 ・エピローグ ジュリエットの死  Epilogue: Death of Juliet

休憩なしの一時間という短いコンサートです。

トンハーレの企画の、MIMIKO(MIttwoch MIttags KOnzert = 水曜日お昼のコンサート) というシリーズなので、お仕事されている方は難しいかもしれませんが、スナック付ということで、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

MIMIKO 6
http://www.tonhalle.de/mimiko_termine


今日もこうやって音楽を奏でることができる幸せ、それを深く再確認することができた今回の地震。

もちろん今回のコンサート、まだまだその第一歩として、私が出来る他の何かも模索していきたいと思っています。16日は、遠い日本の被災者の皆様に届くよう演奏したいと思います。
コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツでも大ニュース [diary]

皆様、大丈夫ですか。

大変な地震と津波だと、ドイツの報道機関も絶え間なく伝えています。

津波の映像見て、愕然・・・・・。

こういうとき、家族と離れて遠くに住んでいるのは本当に辛く、ただ心配しているだけで、いてもたってもいられなくなります。
ニュースでは、ひどい映像ばかり流れ、それをそのまま見ているので、震えるほど怖くなりました。連絡が取れないのが一番心配です。


都内の母とはSkypeで連絡取れました。

携帯などは繋がらないようですが、SkypeやFacebookでは連絡が取れるようです。

関東近辺には身内、友人、知人が多いので、とても心配しています。

こんな大変な時にこのブログを見ている可能性は低いとは思いますが、余裕がありましたら、ぜひ安否をお知らせください。

このコメント欄に書いて下さってもかまいません!!


コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

デュッセルドルフ・ピアノ音楽教室のブログを立ち上げました。 [diary]

デュッセルドルフ・ビルク ピアノ音楽教室ブログ

二年前に、ドイツでピアノを(主に子供たちに)教え始めたのですが、それ以来慕ってずっと習ってくれているかわいい生徒たちがいます。
当時はエッセンの山の上に住んでいましたので、そのなごりで現在も出張レッスンがほとんどですが、せっかく日本人の多いと言われるデュッセルドルフに引越してきましたので、私の活動を知っていただくためにも、日本語でのピアノ音楽教室のブログを立ち上げることにしました。

演奏活動と平行してのピアノ教室なので、あまり生徒さんの数も増やせないかもしれませんが、そして教室という大きな組織に、すぐにはならないかもしれませんが、後に伝えていくという使命、そしてこれからの私の人生も見据えた上で、スタートしたいと思います。

こちらのブログではもちろん今までのように、くだけた内容で(笑)続けていきますが、デュッセルドルフでの情報等は、教室のブログに書くようになるかと思います。
内容がだぶってしまうかもしれませんが、コンサート情報などは、もちろんこちらでもお知らせします。


レッスンにご興味ある方は、ぜひ体験レッスンをお試し下さい!
なんともありがたいことに、ご希望がチラホラとありましたので、夏の日本帰国時にも時間を見つけて、レッスンをしたいと思っています。


ここデュッセルドルフでも、素敵な出会いがありますように・・。


デュッセルドルフ・ビルク ピアノ音楽教室
http://stpc.blog87.fc2.com/
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

犬にもいろんなストーリーがある [diary]

中々のイケメンくん街の中はカーニバルで大賑わいです。ピエロもいるは、ドラキュラもいるは、天使もいるわ・・。家の前の通りはガンガン音楽が流れて、路上で人が踊り狂っています。ピアノの練習にもならんわい・・。

明日の7日〈月)が『バラの月曜日』で一番盛り上がる日なのですが、もちろんここデュッセルとケルンの両都市は暴れ狂う日になるというのは、ドイツに来た一年目で既に思い知ったので、明日は家で避難するのに限ります。どのみち病気で外に出られないので、ちょうどよかった。

前記事のヴァイオリンの神、ミンチェフ教授の話題続きます。
彼のレッスン、合計で5回コンサートまで毎日あったのですが、全日彼の愛犬であるチャーリー〈写真の子)が一緒でした。
彼はレッスンを聴いているのが普通なんでしょうね。本当に人懐っこく、私の足元に来たり、ヴァイオリニストとピアノの真ん中に座ってみたり、こっちはバリバリ汗流しながら弾いていて、ミンチェフ教授も大声で叫んでレッスンしている真横で、ふわ~とあくびし、こっちをちらっと横目で「ん。。また叫んどるな」という目で見て、またすーっと寝に入る。。この状況があまりにもおもしろくて、かわいくて、大爆笑でした。ミンチェフ門下は日ごろ慣れてるのでしょう、そんなのお構いなしでレッスンに集中していましたけど・・。

さらに、こんなことをされても怒ったりなんかしません。

あそんであそんでーーー

わーー!今日はなにのお菓子をくれるの~~??!!

老眼メガネで前が見えんやないか


後ろのおじさまは、ミンチェフ教授のアシスタントの方です。
チャーリーは色合いが黒白と、なんとなくとろににているので、遊んでいるととろに会いたくなってしまいます。笑

しかし、犬がこんな穏やかなのに、なんでうちのネコであるとろがこんなに激しく乱暴なんだろう。
私は今まで、逆だと認識していたのに・・。

そんなとろも、明後日はお楽しみの予防注射の日です。〈乱暴とろが大人しくなる日)先月一回連れて行って、プレ予防注射をしたのですが、お医者にビビッて、シャーーーと威嚇するしまつ・・。
今度こそ仲良くなれるといいのだけど。

ぶほっ


チャーリーーー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬休みなのに体力ギリギリ [diary]

二月はただでさえ短い上に、半月は体調を崩し、それに加え急遽決まったヴァイオリンとのリサイタルと、色々あり過ぎていまいち記憶にないのが正直なところです。

このヴァイオリンとのリサイタルは、10日前に言われ70%が新曲という中々ハードなものでした。
ヴァイオリニストは、フォルクヴァンク芸大ミンチェフ教授門下のセルビア人のとっても素晴らしいヴァイオリニスト。今まで何度か声はかけてくれていたものの、いつも本番ギリギリに言われ一緒に弾くことが中々成立しませんでしたが、もう冬休みで少し時間もあるだろう、ということでOKしました。いやぁしかし思っていた以上にきつくて。。っていうのも、全部の楽譜が揃ったのが5日前、その後ほぼ初見状態で、あのミンチェフ教授のレッスンが毎日・・。それも大学の場所ではなくて、デュッセルドルフから徒歩15分を含め片道一時間以上かかる大学別館(大学が火事の際に借りたエッセン教育大)。

リサイタルプログラムが、

ヴィヴァルディ: ソナタ 12番
モーツァルト: ソナタ B Dur
サンサーンス: イントロダクションとロンドカプリツィオーソ

ベートーヴェン: ロマンス F Dur
グリーグ: ソナタ3番
ヴラディゲロフ: ブルガリア狂詩曲 『ヴァルダー』

私だけでなく、実はヴァイオリニストも初見のものが結構あったんですけど・・笑

このリサイタルの話を聞いてOKを出した次の日から、ありえないことに高熱で風邪を引いてしまいました。真っ先に練習に取り組みたかったのに・・。でも意地で二日で治し、どうにか耐えぬきました。
その後問題なく行っていたのに、数日後から声が出なくなりまた喉の痛みが。一週間声無しで合わせとレッスンとリサイタル。

まるで美術館ピアノにもう少し照明がほしかったーー
このリサイタルは、ネールセン城というオランダの国境に近いところにある小さな街のとても素敵なお城でありました。
コンサート前に咳止めを飲んで、いざステージへ。
合わせの時間が十分に取れなかった分、少々ハプニングはありましたが、二人での初めてのコンサートは盛況で終了しました。

今回はミンチェフ教授のレッスンが本当に素晴らしくて、色々と勉強させていただきました。彼はブルガリアでは『ヴァイオリンの神』といわれているほどの人で、良く一緒に弾いている徹子の教授でもあるのですが、久しぶりに彼のレッスンを受け、感化され刺激を受けられたのは本当に本当に感謝です。

ミンチェフ教授、どことなく恐竜にも似てて嬉しい

ミンチェフ教授、お忙しい中リサイタルも駆けつけてくださいました。ほんと生徒に対して熱心で頭が下がります。

この美少女ヴァイオリニスト、すごく色っぽく大人っぽく見えますが、まだ23歳。信じられませんな。
私はもうこの日はお疲れでまったく顔に力がありません・・。笑


この後は、ゆっくり休む間もなく、ヴィオラとのコンサートのための合わせ。そしてレッスンを受けるためにライプツィッヒへ一泊二日で行ってきました。でもレッスン中にふら~っとなり、風邪がまた再復活。
今回のウィルスは本当にしつこい!!!
しょうがないので、昨日病院へ行き、薬をもらってきました。扁桃腺が相当腫れているそうで、最低4日間は仕事も休んでゆっくり寝てることとお叱り付。

牛乳うどん食べて、ハチミツなめて、少々ゆっくりします。
4日も休んでる暇ないーー
コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。