So-net無料ブログ作成
検索選択

CROSSAir 2009 終わりました~ [diary]

演奏中は入らないで下さいまし~8月15日(土)の私のリサイタルをもって、今年のCROSSAir 2009の全ての公演を無事終える事ができました。8月1日新宿での智美さんのリサイタル、3日日比谷でのトリオ公演、そして15日私のリサイタルと、お越しいただきました皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

先日15日のリサイタルは、特に私の初めての地元でのリサイタルということで、一年前より企画を練っていました。私にできるコンサートとはいったいどういうコンサートだろうと。その考えていた時にアコーディオン御喜美江先生のアコーディオンワークス2008を聴き、リサイタルと言えども私が演奏し、聴いていただきたいのはやはり室内楽だと、それを確信し一部にソロ、そして二部に室内楽で、韓国より強力な助っ人、チェリスト・ジュノをゲストに呼ぶことを決めました。

私達は5年間一緒に演奏していますが、やはりその間は色々な波がありました。一時期、一緒に弾かなくなったことも実はありましたが、またこうやって一緒に演奏できる喜び、やはりお互い100%信じあって演奏できるパートナーは、かけがえのないものなのだなと改めて感じました。今回の日本でのリサイタル、そして来月の韓国でのデュオ公演、そして10月末にあるパリのロストロポーヴィッチコンクール出場と、今年は私達にとって、とても重要な年になるような気がします。

ラーメンイケメン僕イケメン香川はやはりうどんが最高~15日のサンポートホール高松第一小ホールは、本当に演奏しやすいホールで、始めから最後まで集中力がまったく途切れず、ちゃんと反応してくれるピアノ、ホール、本当に何から何までに恵まれて、演奏していてとても楽しかったです。一部のシューマンでも、今までとは違ったシューマンが色々現れてきたし、シューマンをまた違った方向から見られたような気がします。ああいうところで演奏できるのは、本当に本当に幸せ。

14日に智美さんが高松に駆けつけてくれ、本番はスタッフとして活躍してくれました。そのおかげで演奏に集中できましたし、全てを任せていたのでこちらも本当に安心。これからはドイツと日本で活動の場は離れますが、これからもクロスエアは続きます。また場所が変わることによって、恐らくクロスエアの雰囲気も変わるのではと少し楽しみです。来年は記念の5回目ですし、また色々とアイディアを出し合っていきたいと思っています。

カマタマフタタマそして、何よりも今回はジュノが頑張ってくれました。3回の公演の中で1番たくさん演奏しているのはジュノはわけですし・・・。家族の訃報を日本で聞いたショックはとても大きく、辛くて心が張り裂けんばかりの想いをきっと持っていたのでしょうが、それを表には出さず、全ての公演で素晴らしい演奏をしてくれた彼に、なんとお礼を言っていいのか・・・。彼にとっても試練の日本公演だったのではと思います。でも彼がいなかったら、今回のようなクロスエアは出来上がりませんでした。私達にも良い経験を与えてくれたジュノに、本当に感謝しています。ありがとう、ジュノ。

そして、彼のキャラクターなんでしょうか。。
今回ジュノのファンがとっても増えてくれたこと、これは私達の何よりの願いでした。
本当にみんなに愛されるジュノなんだなぁと、周りで見ていてなんとも微笑ましい。
まだまだこれから色々経験してどんどん変わっていくと思いますが、彼の成長が本当に楽しみでなりません。ジュノも智美さんも私も、活動場所は変わりますが、どうぞこれからも暖かく見守っていただけましたら幸いです。

ジュノは19日の朝に高松からソウルに帰ります。約3週間の滞在。私もジュノがいなくなると少し寂しくなりそうです。その後私は23日に東京に帰り、ドイツ語学校に通います。そして来月に韓国に行きコンサート。その後ドイツ語の試験。(涙)

香川での日々をもう少し楽しみつつ、身体も休めつつ、また動き出していければと思っています。

応援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。


富田珠里
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

高松堪能中 [diary]

赤いドレスは素敵先日、香川県丸亀市飯山町で行われた歌とピアノとチェロのコンサート『夕暮れクラシックコンサート』、終了いたしました。当時香川県は大雨と雷で大荒れで、警報が出ていたのですが、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます。

共演させていただくと、やはり思うことなのですが、歌の方の華やかさ、そしてお客様をひきつけるあの技は、私もぜひ習得できればと思って、本番中杉ノ内さんと米田さんを見つめていました。杉ノ内さんは、去年に続いて二回目、米田さんは今回初めての共演だったのですが、歌の人と一緒に演奏できるのは、本当に楽しい!器楽とはまた違う流れ、距離感、なんだかんだと器楽専門な私の、ほんのヒトトキの至福な時間。今年も感じることができて、時間があっという間に過ぎました。
そして、今回日本で初めて演奏するプログラム、シューマン作曲の『アダージョとアレグロ』も、色々とジュノにハプニングがありましたが(非常に珍しいこと)、シューマンの素晴らしさを実感できる貴重な経験ができました。本番一つ一つが本当に勉強だと、ジュノ共々改めて感じました。

さて、香川に滞在して一週間のジュノですが、また都会とは違う良さを堪能してくれているようです。うどんのはしごも経験して、うどん屋の汚さにビックリし、うどんの食べ方も父に教育されています。父とは毎晩のように晩酌をかわし、日本語も目を見張るほど上達。私達が話していることは大体わかるそう。私の通訳なしに父と兄と楽しく話してるのが、不思議でたまらない。(笑
韓国では年下が家では動かなければいけないようで、お客様なのにいつもソワソワ動いています。真っ先に後片付けをしたり、手伝いをしたり。。韓国と日本の文化の違いを毎日色々と感じます。

8月15日にあります、私の地元高松での初めてのリサイタルまで、あと2日になりました。CROSSAir今年の最終日となります。今日はサンポートホールでリハーサル。300席と大きなホールのイメージがありましたが、ちょうどいい大きさ、チェロも良く響き、ピアノもとても良い子。15日はどういうシューマンに会えるのか、そしてジュノとの『日韓デュオ(高松ではそう呼ばれております)』の高松初公演、彼と5年間ドイツで一緒に高めあってきたその二人の音色を地元で演奏できることが、とても楽しみでなりません。ぜひたくさんの方にお聴きいただければと思っております。
プログラムですが、元々予定にはないチェロソロを追加で演奏してくれます。中々マニアックになった二部のプログラムですが、高松では恐らく中々聴くことのない選曲だと思いますので、お時間ある方はぜひぜひ!


コンサートシリーズ Vol.4 CROSSAir 2009 特別企画
富田珠里ピアノリサイタル
「ピアノとチェロのロマン~ソロと室内楽~」


2009年8月15日(土)
14:00開演 (13:30開場)


サンポートホール高松 第一小ホール 
香川県高松市サンポート2-1
TEL:087-825-5000

《出演》

・富田 珠里 - ピアノ
・シム・ジュノ - チェロ

《チケット料金》

全席自由 大人 2,500円
ペアチケット 4,000円(前売りのみ)
学生 1,500円


《チケットお取り扱い》

クロスエアコンサート事務局
TEL. 090-3460-1575 (富田)

・ヤマハ高松店 TEL. 087-822-3068
・高松コンサート協会 TEL. 087-833-9510

プログラム

第一部  - ピアノソロ 「シューマン(1810-1856)」

* R.シューマン=F.リスト: 献呈 
* R.シューマン: ピアノソナタ第一番 作品11


第二部  - ピアノ&チェロ

* L.V.ベートーベン(1770-1827) : チェロ・ソナタ第4番 作品102-1
* C.ドビュッシー(1862-1918) : チェロ・ソナタ(1915)
* Z.コダーイ (1882-1967)  : 無伴奏チェロソナタ 作品8 第三楽章
* A.ピアソラ(1921-1992): ル・グラン・タンゴ

詳細:http://crossair.jp/crossair-2009/shuri/
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CROSSAir2009番外編終了&9日のコンサートのお知らせ [diary]

どこかしら似ている三人先日8月3日(月)CROSSAir2009番外編のコンサート、おかげ様で満席のお客様にいらしていただき、終えることができました。ありがとうございました!

体調も何となく戻りつつあった頃でしたが、体の全ての力を注ぎ込み、コンサートに臨みました。それにしても、松尾楽器ピアノは素晴らしいですねえ。良いピアノで演奏できることほど、楽しいものはありません。私の病気のおかげで、予定していた合わせなどができずに、二人には申し訳ないことをしましたが、演奏しているときは、なんとも楽しい気分になりました。

どうじゃろねえ?この日の反省点をいかし、15日のコンサートに向けて、また精進していきたいと思っております。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

さて、コンサートの翌日は、ガンダムオタクのジュノのリクエストで、お台場の原寸大ガンダムを見に、智美さんと大阪からコンサートを聴きにきてくれていた友人と4人で。その後ジョイポリスに行き、ジェットコースターとお化け屋敷。いやぁ、遊園地ってなんて痛快なんでしょ。叫びすぎて喉痛めてしまいました。その後秋葉原ヨドバシのフィギュアコーナーで、高価なガンダムのフィギュアを買って(ジュノが)、いつもの有楽町のお店でお鮨を。
久しぶりの休日が、なんとも子供に戻ったかのような、そんな一日でした。楽しかったー。

そして、今日から香川に戻ってきています。香川は暑くて湿気がものすごい!!チェロがまったく今までと違う響きになってます。大丈夫かなこれ・・。
体も少し疲れているみたいなので、15日のコンサートまでは、ここの田舎で休みつつ、集中的に練習もできればと思っています。もちろんうどん食べながら!!

さて、8月9日(日)に、去年もご一緒させていただいた、ソプラノの杉ノ内由紀さんと、丸亀市飯山町の「ピアノカフェ・ルフラン」にてコンサートをさせていただきます、特別出演はテノールの米田優さん。
ちょっとギリギリのお知らせですが、ご興味ある方はぜひぜひ私までご連絡を。
今まで演奏した事ない曲など、中々面白いラインナップです。

曲順等は決定ではありませんが・・。


『夕暮れクラシック☆コンサート』
日時:8月9日(日)17:30 開演 16:30開場
ピアノカフェ・ルフラン

http://www.piano-refrain.com/cgi-bin/pianocafe/siteup.cgi 

チケット:2800円(1ドリンク付)
問い合わせTEL 0877-59-7255

出演:杉ノ内由紀(ソプラノ)
    富田珠里(ピアノ)
    シム・ジュノ(チェロ)

特別出演: 米田優(テノール)

プログラム:

シューマン:アダージョとアレグロ(チェロ&ピアノ)
カッチーニ:アヴェ・マリア
シューマン=リスト:献呈
バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番よりプレリュードとアラマンド
ヴェルディ: オペラ『椿姫』より
ピアソラ:グランタンゴ
シュトラウス:酔っ払いの歌



コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。