So-net無料ブログ作成
検索選択

三枝師匠 [diary]

三枝へあー
エッセン中央駅前にある、図書館近くの美容院の名前。

この看板読んで吹き出しました。

みんなここの美容院に行くと、桂三枝のような髪型になったりして。。

試しに誰かを行かせたい。。


コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

チェロ最高~ [diary]

ヨンチャンかっこいーー先日の土曜日夜に、ケルン近郊の小さい街で、ジュノ君と一緒に弾いてきました。チェロの教授、ヨンチャン・チョー教授がこのCDを録音したスタジオでのコンサート

【前半】
・イザイ:ヴァイオリン無伴奏ソナタ「バラード」のチェロ版
ブラームス:チェロソナタ 第二番
(チョーさん門下のロシア人デュオ)
【後半】
・ラフマニノフ:ヴォカリーズ
・ショスタコーヴィッチ:チェロソナタ
(私たちアジア人デュオ)

木曜日にいきなり電話がかかってきて決まったのですが、ロシア人の彼らの方なんて、前日に連絡があって、ピアノの子はそれから譜読みをしたという超ギリギリのコンサート。(譜めくりの私もかなり恐怖でした)しかし、その中でも二組とも好演で、とても喜んでいただけました。よかった~。

すばらしい音響こんな会場だったんですが、そこにあったピアノは、白いスタインウェイのフルコン。弾いていてリチャード・クレイダーマンのような気分でしたが、製造番号440000番台の素晴らしい音色のするピアノでした。

ここのスタジオで録音されたチョー先生のベートーベン:チェロソナタ全集のCD。ものすんごく素晴らしいです!!!ベネディクト・ケーレンさんというピアニストも、繊細で、かつチョー先生の大胆さにうまくマッチされてて、ああーもっと早くこのCDに出会いたかった~。出演者はご褒美としてこのCDをいただけたのですが、ここぞとばかりにチョーさんにサインをもらいに行き、愛のこもったメッセージを書いてもらいました!!きゃー!鼻血ものです!

★チェロ・ソナタ全集、ほか チョー(Vc)、ケーレン(P)(2CD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2639490

ピアノの発表会前のような・・・ジュノ君とコンビを組んで、早三年。
チョーさんとのお付き合いも大分板についてきた感じです。
でも、未だにレッスンに行くたびに大興奮なのですが・・。

おまけ写真:ジュノ君、必死にピアノ練習中。
君にはショスタコーヴィッチは難し過ぎると思うよ。。


コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ろくしゅの大問題 [diary]

気が重い六手連弾こーんな素敵なホテルで明日演奏してきます。

デュオ 二人で一人前」以外ではほとんど公の場で弾いた事のない連弾です。それも「六手」。
こう言われて、思わず自分の手が何本あるか数えてしまった私ですが、そう、三人での連弾です。

ロシアの作曲家ラフマニノフの初期の作品で、「ロマンス」「ワルツ」という曲があります。(全然知らなかった)ある家の三人姉妹のために作曲したそうですが、とても素敵な曲です。「ロマンス」の冒頭は、なんとあの有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第二番の第二楽章のピアノの部分!あの素晴らしいハーモニーと旋律はこのマイナーな曲からだったんですねえ・・。

そして、連弾というのは、どこを弾くかが結構なポイント
一緒に弾くのは、横幅の大きい洋梨形の女性と、私よりも全然背丈の小さい女の子と、166センチのたてに長い私。この三人だと、バス(左)にどっしり系の洋梨女性、ソプラノ(右)に小さい彼女(私が右だと彼女を隠してしまうから)と、必然的に決まるだろうなと思っていましたら、本当にそうなりました。私真ん中。
真ん中は音も一番少ないし、目立たないし、あはは~こりゃ楽だ~ラッキー!と思っていましたらば、


身動きが取れない・・。


左右はどこかしら逃げ場はあるけど、真ん中はどこにも逃げられんーー!!?
想像してみましょう。連弾といえば定番は四手。これでも結構狭く見える時もありますが、それを超えての六手連弾です。そりゃ狭いはず。そして81鍵ある幅の広いピアノに楽譜は一冊。譜面台のそれも真ん中においてあります。左右のお二人とも問答無用で真ん中の私に迫ってくる格好です。更に、右の彼女は目が悪いのか、楽譜に近づいて見ています。あのー私の右手潰れてます・・。左の女性も自慢の立派な二の腕で私のか細い(!)体を圧迫・・。(涙)かなり肩身狭いです。

元々頑張れば二人でも弾けそうなこの曲を三人で弾いていますから、色々と無理な体勢で弾かなければいけない部分もあります。連弾の宿命でしょうか。手が重なる重なる。(連弾曲を沢山作曲しているシューベルトは、好きな彼女と一緒に弾くために書いたとも言われています(途中で互いの指が交差し触れ合う箇所があるから)。)

右の彼女がメロディーを弾いているから、邪魔をしないようにパッと右手を離したら、鍵盤のふたにゴツっ。
私のメロディーの所で、右の彼女と衝突してシリモチ。
重なりすぎて、他人の指の上に打鍵(これ結構痛い)。
何だか、真ん中の私の問題が大半だったような気がして、自己嫌悪。
もういやだー、真ん中なんて・・。

あり得ないようなことがおきる連弾。問題はまったくなくなりませんが、明日の本番はうまくいくんでしょうか・・。不安。

「ロマンス」だけはYoutubeにありました。
http://jp.youtube.com/watch?v=Etj7SKT5Lrg
おっさん三人というのも結構大変そうですね。


コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。