So-net無料ブログ作成

ドイツの10月、こんなに寒かったっけ? [diary]

めっちゃ笑顔三ヶ月の日本滞在を終え、昨日からまたドイツです。

フランクフルトからJALバスでデュッセルドルフまで。優しいジュノ君が迎えに来てくれていましたが、夜九時に着き、バスから外に出た瞬間、「超寒い!!」。そこは既に4℃の世界でした。コートなんて持っていなかったので、手当たり次第のものを首に、体に巻きつけ家まで辿りつきましたが、自宅のあるエッセンの山の上はもっと寒い。車の窓が凍っていたので相当だったんだろうな。10月でこの気温だと真冬はどうなるんでしょ。

日本滞在最後の一週間は、毎回同様に本能のまま生きること(食べたいものを食べる、行きたいところに行く)と、その間で用事をこなしていくことでバタバタと過ぎていき、後半はひたすらドイツ語ばかり話すことに。
というのも、ピアニストのディーナ・ヨッフェ先生が来日中で、18日にカザルスホールでリサイタル、19日は私の東京の元師宅でレッスン、21日は駒場で公開レッスンというので、私は19日と21日に付き添いでずっとドイツ語。何ヶ月ぶりかのドイツ語は結構必死で、毎日クタクタでバタンキュウ・・。
特に21日は、公開レッスンでの通訳という大仕事を任され、朝10時から夜の19時までレッスンにお付き合いさせていただきました。

通訳というものは初体験でしたが、本当に大変なお仕事ですね。
どこまでが日本語で通用するんだろうか(アーティキュレーションとかシンボリック等)というのが結構悩むところでして、受講者によっても言い方を恐らく変えた方がいいだろうし、ヨッフェ先生の伝えたいことをどのように言い換えて言うべきなのかとか、日本語の方でかなり悩みました。ヨッフェ先生も時々かなりきついことを言うので、このまま日本語に直訳するのは難しいなぁと思うこともあり・・。受講者の方々、こんな通訳で大変だったでしょう、ごめんなさい。
それにしても、こうやってヨッフェ先生とずっと時を共にしていると、彼女の人柄や彼女の伝えたいことが本当に手に取るように理解でき、とても勉強になりました。通訳ということも私が言葉に出して伝えているので、受講者の方に向かって言っていても、私自身にも蓄積されて、まるで私がレッスンを受けているようで・・。
レッスン中、「ああー早くドイツに戻って試してみたいー」と何度思ったことか。。(笑)

ということで、今回は色々な意味で収穫の多い帰国になりました。
みなさま、本当に本当にありがとうございました。

次回の帰国をまた楽しみに、この寒いドイツを生き抜きたいと思います。

写真:カザルスホールのリサイタル後、東京の元師とヨッフェ先生とスリーショット


コメント(0) 

CROSSAir 2007 全公演終了!! [crossair]

10月8日(月・祝)の高松公演をもって、「CROSSAir 2007 -午後の音歩き-」の全公演を終了いたしました!お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

9月22日(土)の入間公演以来、九州、関西、四国と演奏してきましたが、全ての公演見事にまったく違う様子で、演奏してるこちらもその土地ごとに新たな感覚で曲に向かうことが出来、どの公演も思い出に残るものとなりました。

しかし、今回はゲスト打楽器渡邉理恵ちゃんがいなければあり得ないクロスエアでしたね。
アンケートでもとても好評で、またこの編成で!という声も多数いただきました。
今回は打楽器の数が物凄いものでしたから、移動もとても大変で、理恵ちゃんには重い楽器を担いだまま移動してもらったりで、予想していた以上にハードな二週間でした。
他のリハーサルがある中、この長期間のツアーのために日本中を飛び回ってくれた理恵ちゃん。本当にどうもありがとうございました!!ピアノ・アコーディオン、打楽器の共演は、私たちにとっても、そしておそらく聴いて下さった方々にも、特別な印象として残り続けてくれると思います。

ところで、友人えむちぐちゃんに作っていただいた、「動物の演劇組曲」の衣装、ついに公開です!!
私がインドライオン、アコーディオン大田智美ちゃんが北極グマ、打楽器渡邉理恵ちゃんがドゥグランクール。この写真ではいまいち分かりませんが、理恵ちゃんには白い尻尾が付いてます。みんな一応尻尾は付いているんですがね・・、長短はあるにしても。
私の衣装は、物凄くゴージャスで、尻尾を持ったまま出てくる二部のオープニングでは、何だかムチを持って出て来たようだという意見もありました。(笑)

そして、アンコール最後の曲は、リムスキー・コルサコフ作曲の「熊ん蜂の飛行」でした。この曲はなんと打楽器理恵ちゃんが編曲してくれました。曲の最後には、インドライオンとドゥグランクールが手で熊ん蜂をつぶしちゃうのですが、高松公演では「んなあほな。蚊と違うんやけん。」というお客様からのライブ突っ込みもありで、大爆笑でした。さすが我が地元!!

さて、これで一応コンサートは一段落しまして、今日はクタクタの放心状態のまま27歳の誕生日を迎えました。昨夜の高松公演打ち上げでも、「前日ハッピーバースデー、ウクレレ付」を合唱していただき、何だか嬉しいやら恥ずかしいやらで・・。
今日は公演の後片付けの続きをし、そしてお友達と沖縄料理を食べに行きましたが、疲労と睡眠不足で、ビール3口でフラフラ。食べる予定だった沖縄そばも食べられず・・。(泣)

10月22日にドイツへ戻るまでに、もう本番はありませんが、19日、21日には初めての体験をします。うふ。でも大丈夫かなぁ、私。しっかり勉強しなきゃなのですが、とりあえずこの疲労を回復することに専念します。


コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。