So-net無料ブログ作成
検索選択

抜歯の次はお寿司? [diary]

みんな、まともな顔しようよ先日新聞に載りました。

5月にあった、フォルクヴァンクプライスの入賞者コンサート写真。(クリックしたら大きくなります)
大家さんが見つけた瞬間、蛍光ペンで印を付けて、そこらの人に言いふらして、私にくれました。
隣にいるのは、チェリストジュノ君です。彼は別のトリオでの受賞。
日本に帰って、祖父母に見せたいと思います。

 
 明日の抜糸を過ぎれば、残すは日本で、成田からそのまま行きつけの有楽町ガード下のお寿司屋へ直行の予定なのだけど、果たして本当に食べられるのかどうか、とても不安になってきました。
口が開かないので、大きなホタテなんか出た日にゃ、涙をのむしかないのかも・・。
そういう気分でお寿司を食べるより、家に帰っておとなしくお素麺をすすった方がいいのかもしれない、とも思ったり。

この二週間で、精神的にも身体的にもぐったりしてしまいました・・。(顔は腫れてるけど。いまだに。)

とりあえず、一年ぶりの日本を楽しみたいと思います。


コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

手術の合間に [diary]

いいのかこれで第二段の手術を翌日に控え、不安と緊張で一杯でしたが、お土産や食料品を買いに街に出ました。
そしたら、こんなウィンドウのお店を発見。ここは洋服雑貨のお店なのですが、ズボン下がってていいの?そして、うまい具合に「50%」が貼り付けてあって、大爆笑でした。うーむ。さすがドイツ

そんなこんなで、昨日第二段の手術行ってきました。前回のあまりの辛さに、もう行くのやめちゃおうかなと思いましたが、ここは四国の女だ。私は強いのだ。と言い聞かせ病院に。

今回はMP3プレイヤーを持参しました。
以前、あまりにも機械が耳元でうるさかったので、「耳栓」持ってきていいかと聞いたところ、「MP3プレイヤー持ってきて好きな音楽聴いてなさい」と言われたのでした。
そんな不安な時に聞くのは、やっぱり『壁抜け男』!!
麻酔が終わって、ゆっくり寝ている時も、耳元では『壁抜け男』。
ああ、石丸さんの声に救われる~~。

右側同様下の歯にはかなり苦戦してましたが、キィイィイーーと鳴る機械もなんのその。
機械の音が強くなる度に、圧迫が強くなる毎に『壁抜け男』もクレッシェンド・・。
なるべく『壁抜け男』に集中しようとしましたが・・。ああ、でも辛かったぁ。
それにしても、前回よりも時間も半減。だから、苦痛も半減。
私もお医者もきっと慣れてきたんでしょう。
術後、「あれ?もう終わり?」って聞いてました。

そして、また超ビックサイズの歯をもらって、口から血を流しながらバスに乗り(麻酔のせいで口が閉まらない)、頑張って家まで辿りつきました。
ああー、もうあの手術の苦痛がないと思うと、気がらく~~。
手術後、本当はあまり食べない方がいいらしいのですが、昨夜はおなかが減り過ぎて、家の中でバタリ。だめだ、私の胃袋は怠けきっておる。
夜中に速攻お素麺を作って手を打ちましたが、これからは早く治るように頑張ろう。

来週の日本帰国の前日に抜糸ですが、JALに特別機内食(流動食)作ってもらおうかなあ。
チャイルドミールになるかしら・・。


コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

お知らせ:ドコモサロンコンサート [diary]

ドコモサロンコンサートのお知らせ香川県近郊の方にお知らせ。

8月30日(木)にドコモ四国主催による「ドコモサロンコンサート」に出演させていただくことになりました。
一年に4回、木曜日の夜に行われるこのサロンコンサートですが、去年の夏、マリンバの安倍圭子さんが来られた時の公演を聴きにいきました。サロンコンサートという名前ですが、300席という規模、そしてライトアップがものすごく綺麗で、とても印象的でした。マリンバの音も素晴らしく響いて・・・。
そういう場で私も弾けるなんて、嬉しい~~。(涙)
ヴァイオリンの石原さんも、とても素敵なお姉さまで、一緒に演奏できるのがとても楽しみです。
チェロの山本さんはまだお会いしたことがないのですが、ジュノとの思い出のヴォカリーズをご一緒できるので、またそれも楽しみの一つです。

皆さん、「抽選で100組(200名様)ご招待」ということなので、ドシドシ応募しましょう!!

★iモードをお持ちの方は携帯からぜひ。
iMenu→メニュー/検索→四国メニュー→ドコモ四国HP→キャンペーンイベント→イベント情報

★お持ちでない方は、入場チケットの応募先へ進んでいただいて、はがきかネットでお申し込み下さい。

締め切りは、7月29日(日)までだそうですので、お早めに!
どうぞよろしくお願い致します!!

-------------

第37回 ドコモサロンコンサート ~新しい出逢い!フレッシュトリオの夕べ~

平成19年8月30日(木曜)

会場:(株)NTTドコモ四国ビル 1F ロビー(自由席)
高松市天神前9-1

出演:

ヴァイオリン / 石原 崇子
ピアノ / 富田 珠里
チェロ / 山本 玲子
解説 / 岡田 寛

プログラム:

<第1部>
【ピアノ】
  シューマン / トロイメライ
  シューマン=リスト / 献呈
【チェロ・ピアノ】
  ラフマニノフ / ヴォカリーズ
【ヴァイオリン・チェロ】
  ドッツァウアー / ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 ト長調
【ヴァイオリン・ピアノ】
  加藤 昌則 / アレグロ・トリステッツァ 

<第2部>
【ヴァイオリン・ピアノ・チェロ】
  メンデルスゾーン / ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.49

プロフィールなどの詳細はこちら:
http://www.docomo-shikoku.co.jp/corporate/csr/concert/salon/37_1.asp


コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

手術受けてきました。 [diary]

7月11日は、待ちに待った(!)親知らずの手術の日。
前日に学校の日本人10人が集まり、穴猿宅で「夏休み開始パーティー」として肉肉しい焼肉を思う存分堪能しました。パーティーでは、麻酔のこともあり禁酒、そして「遊んでないで早く寝なさい」とみんなにどやされ、ああ、思ったとおりの前日。。しかし、焼肉はものすごく美味しかった。(ああもう遠い昔の思い出のよう)

翌日、穴猿と鳥男に付き添われ病院へ。処置室の椅子に横になり、お医者さんと対面しましたが、残念ながらハンサムではなく。。(アネゴ猿のすすめ)
私の親知らずクンは、上二本は正常に生えており、下の歯だけ歯茎の中で横に向かって生えているというものでした。だから、今回は下二本を抜くはずだったんですが、「下の歯がなくなると上の歯が伸びてくるよ」ということで、右サイド上下を今回は抜くことに。そしてまた来週は反対側を手術。ああうう。そして、親知らずは「神経」に近いので、それを傷つけるかもしれないので、そうなっても構わないというサインをしてくれと言われ、「そんなの嫌だー!」とバタバタ暴れまくりましたが、穴猿に取り押さえられサインを。

麻酔の注射
ここここここれが痛い!!!!上顎に刺した最後の一発が、もう脳天直撃で・・。でも5分くらい待ってもあまり麻酔が効かなかったようで、麻酔を追加しました。この待ち時間になるたけ精神を落ち着かせようと思っていましたが、体は硬くなる一方で、ドキドキも止まないし。。とそんなことを考えてるうちにお医者さん再登場。

顔にカバーをかけられ手術開始。
これからは、もう思い出したくない時間が続くのですが、下の歯にかなりの時間を費やしていました。40分くらいかなあ。ギーーっと削る音や、なんかいろんな音がして。。麻酔のお陰で痛くはないけど、何だか気持ち悪い状態はずっと続いて、「でももうこうなったら、このお医者を信じて全てを託さないといけない。よしこれを気持ちいいと思おう」とか無理なことばかり考えながら過ごしていました(意外と冷静)が、上の歯の時は、時間は少なくとも顔が砕けるんじゃないかと思い、手足バタバタ。だってものすごく押されて、アゴはずれるかと思ったのに加え、途中でメキメキ聞こえるし・・。(号泣)

お医者もビックリそして抜けた歯(上の歯)をもらってきましたが。で、でかい・・・。
私の歯はものすごく強いらしく、下の歯も中々抜けてくれなくて、かなり苦戦していたそうです。後ろでいた穴猿に「これが日本の親知らずか。信じられない・・。」「これはちょっと簡単じゃないよ」とこぼしていたそうで・・。手術後は、「君は強い女の子だね、よく耐えたね。」と言われ・・。うれしくねー。

手術時間合計1時間強。
麻酔のせいで口半開きで病院を後にし、バスを乗り継いでみんなで我が家へ。(病院が微妙に遠い)

家に帰って昼ごはん。
カルボナーラが食べたいという鳥男に食べられない私が作ってあげました。私は指をくわえて二人が食べるのを眺めていましたが、カンパ皿を差し出しておくと、優しい二人はスパゲッティ3,4本を入れてくれました。私はそれを10分くらいかけて食べました。

こうも小さいとお肉食べた感触なし。そして、夜はガス猿も加わり、お鍋。(ドイツは最近秋の気温)この頃には麻酔も切れてましたが、口が開かない・・。というので、鶏肉やらにんじんなどを細かく刻んでくれて、それをチビチビ食べました。この時は春雨が心の友でした。ご飯はご覧の通り、お仏壇用のような感じです。その後にやった「おじや(卵入り)」がとてもとても美味しく、これなら食べられる!と二杯もおかわり。
でも、当日も翌日も幸い思ったほど痛くならなかったので、食欲は充分満足しています(というか痛みより食欲が勝ってるから?)。ほぼ全て流動食ですが、美味しいリゾットやら、おかゆやら、おじややら・・。なんと健康的な。

翌日から現在にかけては顔がパンパンに腫れて、絶対外には出たくない状態なのですが、手術翌日にコントロールのために病院へ来てと言われたので、渋々行ってきましたが、病院へ着くなり病室に案内され、顔の腫れに少し触って、「はい。OK。じゃぁまた来週の手術の時に会おう。」とか言われ・・。正味3分。(口の中も見ない)
・・ちょちょっとおっちゃん。こんな顔でバス3回も乗り継いで来たのによぅ・・。(怒

口の中に時々感じる糸の感触と、抜いた歯の隣の歯が移動しているのか、鈍い痛みがつらいですが、こんな時でも食にありつけているのは、幸運でした。
下の歯二本抜いていたら、噛めなくてこんな状態ではなかっただろうし・・。片側でよかった。
ただ、流動食はあと一週間は続くので、最近固形物にかなりの憧れがあります。
なにか流動食でお薦めのものがありましたら、ぜひ皆さん教えて下さい。
リゾット、おかゆ、おじやと、私の中の流動食は全て制覇してしまって・・。


コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。