So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな時に、パリ旅行記Ⅰ [travel]

パリの猫ちゃん。この子がデブでかわいかった~
旅のハプニングはつきもの。

私、そんなハプニングは大好きです。結局将来語ってしまうのは、そういうハプニングのような気がしますから。
でも、今回のは、ハードでした。
クタクタになって、ドイツに戻ってきました。2日間魂抜けていました。

旅先で捻挫するなんて・・・(涙)
歩けなくなるなんて・・・。(号泣)
ぅぅ。

--------------------------------------
超年の瀬ですが、暗い話からいきます。

★パリ初日 12月21日(木)

目標:
1 シャルル・ド・ゴール空港に着いたら、焼きたてクロワッサンを食べよう!
2 ユースに着いたら、ちょっと昼寝をして、昼食を食べて、美術館を一つ周ろう。

前日寝ずに、朝7時のフライトでケルンを出発した私とガス猿(ヴァイオリン愛媛出身・同い年)は、8時にパリのシャルル・ド・ゴール空港(業界ではCDGというらしい)のぼろい方のターミナル1に到着。(150円の航空会社だったから?)
食べるところを探そうと重い荷物を持ってウロウロしてみるが、どこにもない。探し回って、やっとのことで「Restaurant」の文字を見つけ行ってみたらば、そこにあったのは、『マクドナルド』・・。

夢が崩れかけたところに、なんとなーく後ろに見える「Cafe」の文字。
勇んで駆けて行き、列に並んで買うことに。
フランス人は、英語をわかっていても話してくれない」と聞くが、それって本当のなのか、こちらもまったくうまいと言えない英語で注文したのに、超ネイティブのフランス語で聞き返された。
何だか、ドイツに留学し始めた時の悪夢が蘇ってきました。

でも、そこでのパンは本当に本当に美味しかった。
ドイツでは絶対味わえない味で感動しました。

こんなに天気がよかったそして、バスでパリ市内へ。
Operaで地下鉄に乗り換え、ユースホステルのある「レピュブリック」まで。ここでの乗り換えも大変。
ユースに着いたのが、12時。良い具合に予定通り。
チェックインをして、部屋に上がろうとしたら、黒人の掃除のおばちゃんに、
「#"'&%$()=$%#"!'&&%!!!!!!!」
・・怒られた。
部屋にはまだ入れないんだと勝手に解釈して、しょうがないから地下のロッカー室に荷物を預けようと、使い方を四苦八苦していたら、
「|~|=)'&&%"##&%'()(=P=))'&!!!!!!!!!」
・・また怒られた。

でも気分はお墓私達は、お腹もへり、微妙に眠く、なぜ怒られているのかわからないしかし怒られていい気分のする人はいないだからちょっと悲しい、ということでもう体力の限界。このまま美術館に行っても素晴らしい芸術品に悪いだけだと予定変更の案を。
地下の暗いロッカー室で地図を広げ、ユースの近くを見回していたら、南東の方角に「ペール・ラシェーズ墓地」を発見。

「よし。この気分は墓だ。ガス、墓に行こう。」
ということで、パリの第一訪問地を、『墓地』に決定。(暗い)

しかし、墓地をばかにしてはいけません。
ここには、ショパンやドラクロワ、マリア・カラスもいるんですから。
ペール・ラシェーズ墓地は、パリにある3つの墓地のうち、最大の墓地。めっちゃくちゃ広いわけです。それにこちらのお墓は一つ一つが家みたいになっていて、日本のと比べて大きい。

ミシェル・ペトルチアーニのお墓ショパンのお墓そこで見つけました。ここの中でも一番目立っていたショパンの墓。お花が沢山飾られていました。

そのショパンの隣にあった!私の大好きなジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニのお墓!!!ガイドブックにも載っていなかったので、まさかあるとは思わなかった!とてもビックリ!でも、まさかショパンの横に並んでいるとは・・。

顔が盗まれたビゼーのお墓ジネット・ヌヴーのお墓「そういえば、ジネット・ヌヴー(若くして飛行機事故で亡くなったヴァイオリニスト)も、パリのお墓に埋まってるんじゃなかったっけな?まぁどこのお墓かわからないけど・・。」と二人で話しながら、汚い小道を歩いていたらば、なんとっ、
アッタ!!
これには本当にビックリしました。道とは言い難い汚い小道の片隅に、ヌヴーはいたのです!二人で大興奮!
「これは、ヌヴーが私たちを呼んでいるんだ!ああやって掃除のおばちゃんに怒られて、落ち込んでここの墓に来たのは、やっぱり運命なんだ!お墓にきてよかった!」と。(単純)

そして、つい先日問題になった、ビゼーのお墓もありました。
本当に顔がない。ちょっと怖かった。

墓地で3時間くらい観光(?)し、カフェでステーキを食べる。ここのデミグラスソースが美味しかった!
そしてユースに帰って、予定外の二時間も昼寝をし、起きたら19時。外はもちろん真っ暗。
ご飯を食べに外に出て・・。パン屋でラタトゥーユ入りのキッシュ(うまい!)を買って食べ、そしてあまいクレープを買って食べ、気分とは裏腹に、胃は大変満足しておりました。

そんなこんなで、ハチャメチャな初日終了。
辛いことがあっても、二人でいると笑って終わらせられるから、心救われました。

-------------------------------------------------------

今年は、「腱鞘炎に始まって捻挫で終わる」という、今までほとんど怪我をしたことない私にとっては沢山の初体験の年でしたが、中々楽しく次につなげていける年になったのではないかなと思います。

このブログにコメントをいただき、応援して下さった皆様。
どうもありがとうございました。たくさんの元気をいただきました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、良いお年を・・。


コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ラフマニノフに問う。 [diary]

クリックしたら大きく見られます

どうして、こんなにピアノの音が多いのだ?

パリに旅立つ前の大仕事。
チェリスト・ジュノとのラフマニノフのチェロソナタの本番。

この曲は、本当に、ほんとおーーーに大変。
泡吹きながら練習して、落ち込んで、レッスン持ってって、沈没して・・。
この繰り返しで、正直本当につかれた・・。

楽譜を見ていただければわかるのだけど、
ピアノの部分真っ黒でしょ?
それに更に輪をかけて、ここの部分、すごく速いのです。
チェロは、上できれ~いなメロディーを奏でているのに、どうしてピアノだけ、あっち行ったりこっち行ったり・・。(泣)
こんなのが、永遠35分続く。
こんな難しい室内楽は、初めてだ・・。

なのに、どうしてこの曲のタイトルが、チェロソナタ?
『ピアノソナタ チェロの旋律付 Op.19』
って名前にでもしてくれたら、ちょっとは報われるんだけど・・。

でも、素晴らしく難しい上、素晴らしく素敵な曲なので、
私もこの曲をジュノと弾けて、本当によかった。
本番の演奏も、反省は沢山あるけど、後悔はしてない。
うん、これでいい。

応援、駆けつけてくれて、嬉しかったです。
どうもありがとうございました。

そんなこんなで、明日パリに発ちます。
家、4時出発。恐くて寝られない。

みなさん。良いクリスマスを!
そして、良い年末をお過ごし下さい!!

追伸:
穴猿が、今京都で頑張っています!

動物の演劇
http://www.tp-kac.com/KAC_TP_j_zan.html

野村誠さんのブログから
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20061220

夏にCROSS Airで私たちが演奏した「ウマとの音楽」もあり、なんとダンスも!ウマのダンス・・?
乞うご期待です。


コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュージカルの話になると止まらんのだ。 [diary]

昨日は、ウェルデン村動物集団の一部で、デュッセルドルフへお寿司を食べに行きました。とても美味しい日本食レストランで、4人はしばし放心状態。おなか一杯食べたのに、胃がもたれない、むかつかない。隣のちびトラのご飯ももらって、満腹感はあるのに、苦しくない。さすが日本食です。

ところで、話は変わりミュージカルの話。
劇団四季の「壁抜け男」というミュージカルが9月から11月まで行われていましたが、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?
私はなんというか、ミュージカルが大好きで、観るのも好きだし、自分で芝居をするのも好き。
小さい頃から学校で劇やミュージカルをするってことになると、いつも立候補して死ぬ気で練習に励みました。
その中でも特に思い出に残ってるのが、小学校時代にやった夕鶴の「つう」と、高校時代のサウンド・オブ・ミュージックでの「トラップ大佐」。
トラップ大佐の時は、本当は「マリア」をしたかったのですが、私がマリアをすると身長的にトラップ大佐をやれる人がいなかったというのもあり、男役に・・。まぁでもそれも結構楽しかったんですが・・。女と家族を守る男の気持ちとは、こんなものなのかなあと、今考えると笑えますが、当時はそんなことも考えていました。

私が21歳の時に、四季のこの「壁抜け男」を観て、心とらわれ、興奮がまったく冷めず、「ピアノやめてミュージカル役者になる!」と四季から色々な資料を取り寄せました。でもその時に話を聞いて下さった四季の方に、「この業界もピアノと同じで、生半可な気持ちではやっていけないんだよ。もうちょっとよく考えてごらん。」と言われ、怖気づいた訳ではないにしても、その時は最終的にピアノを選びました。
でも、まだ役者の道を諦めたわけではないのだ!いつか死ぬまでに一回はまた舞台に立ちたいー!と心のどこかで強く強く今でも思っています。このフォルクヴァンク大学には、ミュージカル科というのもあるそうなので、忍び込んでみようかなーとも思ってます。うふ。

自由劇場9月9日、今回の「壁抜け男シリーズ」の初日だった訳ですが、その前日8日に、公開舞台稽古というものに招待していただき、初めて行ってきました~自由劇場!
この写真は、慌てて撮ったので、ブレブレですが、本当に良い空間だった~。
ゲネプロということで、四季トップの浅利慶太さんもウロウロ、研究生もたっくさん、テレビカメラもぎっしり。一緒に行った、ミュージカル初鑑賞のこいちゃんは、面白いほど顔がこわばってきていました。(笑
「好きな席に自由に座って下さ~い!」と言われたので、いつもなら一万円以上で座れない(座ったことのない)前から三列目に座ることに。
私は座って5年前のことを思い出していました。四季劇場の二階の席に何度も通って、感動して涙して、CD買って、家で歌詞を覚えて、振り付けも覚えて、一人何役もしていたなあ、と。

今回は前回と違って、キャスティングが変わっていた方も結構いて、また私が知ってる壁抜けとは一味違った香りがしました。でも、主演の石丸幹二さんと、M嬢役の佐和由梨さんは、健在!
石丸さんは、ダンディーさが更に加わり、柔らかさも増し、健気で繊細なデュティユルが、とても素晴らしく、佐和さんは、「すごい!」の一言に尽きます。ほんとに素晴らしかった!

ということで、今回も四季が観れて本当によかった。
私も絶対また舞台に立つんだ!という願いも心で再確認し、その興奮覚めやらぬまま、私は「壁抜け男」の舞台となったフランス・モンマルトルに、この度行ってくることにします!!!はは。
行くと決めた時から、ドイツの我が家では、ずっと壁抜けのCDがかかっています。
モンマルトルの丘で画家の歌を歌うのです。そして、M嬢から始まる、あの四声の部分を一人で歌ってくるのです!デュティユルの気持ちになって、壁抜け男の彫刻を拝んでくるのです!

そう、この事が言いたかっただけなのに、こんなに長く打ち込んでしまった・・。

パリにはずっと行きたいと思っていました。高校の友達が向こうに留学しているので、彼女がいる間に一度訪れてみたいなと。
その話をしていたら、ウェルデン村動物集団のガス猿も一緒に行くことになり、行きの飛行機等途中までは一緒です。
飛行機代片道150円。(空港税とかいれたらもっと高いけど)

パリ・一週間の旅。
旅なんて久しぶりだなあ~。
一年半前にイタリアへ行って以来なので、久しぶりの感覚。

さて、今回の旅の目的は、
「壁抜け男ツアー in モンマルトル」
「パリの美術館巡り」
「ドイツでは絶対食べられない、繊細で美味な食事で心からの栄養を・・」
の三本です!(サザエさん風に)

ここをご覧の旅行好きのそこのあなた。
パリの美味しい場所、お薦めの場所などご存知でしたら、是非是非教えて下さい!

あと一週間で出発ですが、それまでにある大事な二つの本番。
これを越えないことには・・。ぅぅ。


コメント(2) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。