So-net無料ブログ作成

とろの大脱走 [diary]

置物とろ 寝起き編

先日14日の土曜日は、ヴィオラのユリと、ベルギーでのコンサートでした。
ドイツの西の街アーヘンから、車で30分。
とーーーっても素敵な古いお城での非公開コンサートでした。

この日のプログラムは、

ブラームス:ヴィオラソナタ 作品120-1
シューマン:おとぎの絵本 作品113
ロスラヴェッツ:ヴィオラソナタ第一番(1926)
(ロスラヴェッツとは、ロシアの作曲家。ヴィオラソナタは3曲書かれて、2曲出版されています。ハーモニーはまさにスクリャービンのよう)


しかし、この日はほんと大変でした。
ベルギーへ行く前に、家でユリと合わせをしていく予定でしたが、その一時間前あたりから、とろの姿が見えない。部屋中探しに探してもいない。大好きなお菓子が入っている缶をカンカンしても走ってこない。おもちゃのネズミの鈴をブンブン振り回してもこない。
うちの部屋は100平米と結構広く、そして物も多くて探すのが大変。それでも家の中にいて、この音を聞けばほぼ100%捕獲可能なのです。

いかん、これはおかしい。家にいない。

何か理由があるとすれば、郵便屋さんが来て扉を開けた瞬間か、もしくは、斜めに開けている窓から逃げたか。(それはほぼありえないけど)
とろも、その数日前に去勢の手術をし、精神的に少しおかしい様子だったので心配は倍増。

ユリと一生懸命探して、アパート中、そして一階の庭もくまなく探しても出てこない・・。向いは車の通る、路面電車の通る大きな通りなので、そちらに出ていないことを祈りつつ、でも一応捜索。いない・・。

結局家を出なくてはならない時間まで帰ってこず(合わせもできず)、親切な隣人に事情を話し鍵を渡して、もし見つけたら家の中に入れておいてもらうよう頼んで、泣く泣くベルギーに向かいました。
電車の中でも、いてもたってもいられず、こんな状態で演奏できるのだろうかとかなり不安で・・。
特に、とろが手術の影響もあって、いつもの精神状態じゃないことがとても心配でした。

それでも、頑張って演奏し、演奏後の食事会でも、この私が中々食欲もわかず、早く帰りたいのに、一人で帰れる距離でもなく、誰かと一緒に帰れるのをひたすら待ち続けていました。お客様皆さんとお話していたら、結局23時過ぎ。

もう一人で暗い外で、特にこの日は寒い日で、食事もせずに、いったいとろはどこにいるの?帰ってくるのだろうかととても不安で、0時半に帰宅。


アパートに入って部屋に駆け上っていったら、どこかで「ミャーミャーーー-」と聞き覚えのある声。

「とろっ!!!」

と探したら、一階の庭からコソコソと出てきました。
もう安堵というか、気が抜けてしまって・・・。
怪我もせず、手術の経過も問題なく、、無事我が家に戻ってきました。

ああ、ほんとうに、なんという長い一日だったんだろう。

とろは帰ってきて、ご飯にがっつくこともなく、お水をひたすら飲んでいました。
・・いったい、やつは外で何を食べたんだ。。


ということで、とろのおかげで、素敵なベルギーのお城の写真を撮り忘れ、美味しいご飯を食べ損ね、トホホな土曜日でしたが、素敵な出会い、また他の芸術家の話をたくさん聞いたり、素晴らしい時間を過ごせました。(そういう状況だったのであんまり覚えていませんが)

ヴィオラのユリも必死に探して、精神的にそれどころじゃなかったでしょうけれど、合わせもできない中、素晴らしい演奏でした。特にシューマン。
アンコールでは、再び「からたちの花」を演奏しまして、みなさんに喜んでいただけました。日本の曲はあまり聴かれたことがないようで。


一つ面白いエピソードが。
予めお客様に送られた招待状に、ユリ・ボンダレフ(ヴァイオリン)と書かれていました。笑
もちろん、当日のプログラム、演奏前のお話でも、「ヴァイオリンではなくヴィオラです」ということを言っておいたのにも関わらず、演奏後も。。

「いや~素晴らしいかったわ!ヴァイオリンとピアノのデュオ!」
「とてもやさしい音をするのね、ヴァイオリン!」

ユリは、それを訂正することなく、いつもの笑顔で、「ありがとうございます」と言っていました。笑

遠くからみると、ヴァイオリンとヴィオラはほとんど違いはないため、わかりづらいとは思うのですが、そういうことも彼らの中ではしょっちゅうなんでしょうね。

私のほうにも、「彼のヴァイオリンの音も素晴らしい深みを持っていた」というメールもあり。。。
きっとずっとあの楽器はヴァイオリンと思ってコンサート聴いて下さっていたんだぁ、と思うと・・。
どう、お返事を書いていいものか・・・。笑
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
原渕智史

コンサートお疲れさま。コンサートもたくさんの人が来てくれてなによりだったよ。でも、とろちゃんが脱走してしまったけど、鳴き声だけでも、分かって、無事に帰ってきてくれてよかったね。また、珠里ちゃんと、とろちゃんの生活ができるのを期待しているよ。こないだ、5月16日月曜日にあの、児玉清さんが肺がんで77才で死去したよ。僕も18日水曜日の新聞を見て、びっくりしたよ。僕は、児玉さんをすごく尊敬していたのに、肺がんで死去したのは、どても悲しくて残念で仕方ないよ。もう児玉さんのアタックチャンスが一生聞けないのも残念だよ。明日、21日土曜日は、大野コミュニティーセンターへいって、甫おじいちゃんの歴史講座が始まるから今、楽しみにしているよ。また、甫おじいちゃんのことがあったら、またブログ書くね。こないだのラジオ祭りのブログで名前を出したりして、ごめんね。珠里ちゃん。
by 原渕智史 (2011-05-20 10:55) 

mika

富田珠里様、Guten Tag! Wie geht es Ihnen? ちょっと挨拶だけ覚えました。お久しぶりです。コンサートお疲れ様でございました。 とろちゃん元気に戻られて良かったですね。 今、シューマンの『トロイメライ』と『異国から』を尾沢先生に教えて戴いておりますが、なかなか上手に弾くことが出来ず練習を頑張っております。尾沢先生も呆れていらっしゃると思いますが。本人は一生懸命練習はしているのですが本番に弱い私です。
 『からたちの花』今度、聴かせてください。心待ちしております。
 お身体にはくれぐれもお気をつけ戴きたいと思います。尾沢先生はお腹の調子が悪いそうです。元気になられるといいのですけどね。では、お元気で。Auf Wiedersehen.
by mika (2011-05-21 12:34) 

shuri

ぶちくん

私もニュース見てものすごくビックリしたよ。同時にとってもショックだった。
アタックチャンスでも、ドラマでも、色々なところで児玉さんの思い出は濃く残っているなぁ。
77歳だなんてまだまだお若いのに。。
あの児玉さんの笑顔が見られなくなるのが、とても残念だね。

甫おじいちゃん、大活躍だね!全然知らなかった。笑


by shuri (2011-05-25 00:32) 

shuri

mikaさん

Super!!!! 素晴らしい!
順調ですね!ドイツ語。

尾沢先生、お腹の調子、しょっちゅう悪くしちゃうんですよね~、昔から。(笑
ものすごく繊細なんですよ、ああ見えて。笑
最近メールをしてもめっきり返信がないのは、そのせいでしょうか。。

トロイメライと異国から、素敵ですね。
私も何年やっていても本番はやはり緊張します。
その中でどう自分自身で楽しめるか、それが大事になってくるように思います。頑張ってくださいね!!
by shuri (2011-05-25 00:54) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。